被害者救済請負人

交通事故に慰謝料について相談したい方、弁護士を通さずに高額請求できる方法を教えます

MENU
お問い合わせ | ご相談
TOP > 新着情報一覧 > 危険運転致死傷罪停車させた速度ゼロの状態事故の回避が困難にならない・・・
記事のタイトル背景画像

危険運転致死傷罪

停車させた速度ゼロの状態

事故の回避が困難にならない・・・

東名高速での石橋被告による あおり運転事件 について

東名高速あおり運転事故の石橋被告弁護士は、争点となるのは、法律の条文が明確ではないことがあきらかとして、懲役18年の地裁判決に控訴しましたが、ある意味その方が正解と思える今回の判決だった。

横浜地裁 深沢茂之裁判長は、高速道路上で停車させた速度ゼロの状態が同罪の構成要件の「重大な危険を生じさせる速度」とするのは解釈上無理があると指摘。停車状態で大きな事故が生じたり、事故の回避が困難になったりするとは認められない」とした。が懲役18年ってどういうこと?と考えてしまう。

被害者やそのお嬢さんたち、遺族の方々にとっては懲役18年とは当然納得がいかないところである。日本全国のワイドショー解説が皆感情的になり、重い刑罰をと進んでいった。

地に落ちたと言われる検察(官)も、意見書の代読時に『家族一緒に死んでしまえばよかった』との意見書に(未成年に)そこまで言わせてしまうのか・・・と声を詰まらせる???場面もあったとか。

そこで泣くか???おい検察官!大丈夫か? と思ったのは私だけではないと思う。拡張解釈の許容の余地はわかっているとは思うが、パフォーマンスでもなさそうで、そこにも感情的な人がいた。

が、判決のあとは皆手のひらを返したように解説者の話は刑法の罪刑法定主義があるなどと言いだす始末。

もと東京地検の偉い人で今は弁護士をしている高井康行と言う方はやはり、地に落ちたと言われる検察出身で、「結果として妥当な判決」とか。

妨害運転は危険運転だが、時速ゼロで車外は運転ではない。因果関係もない、当たり前だと思うが。

一方弁護側は、お仕事には忠実だったと思う。

あおり運転をおおむね認めた一方、弁護側は事故が起きた時、車は停車していて、危険運転致死傷罪の構成要件には該当しないとの姿勢。

損保としての慰謝料や死亡保険金などの支払いはどうか

まずは結果として亡くなわれたご夫婦は、後続のトラックにより死亡した。後続のトラックの運転者は安全運転義務違反となり、自賠責3条件による無過失は主張できない。(当然被害者への支払いは減額されると思われるが)自賠責死亡保険金は支払われる。

任意保険での人身傷害・搭乗者傷害はどうか。

死亡の原因が自動車事故であれば人身傷害は当然支払い対象となる。搭乗者傷害はどうか、おそらく無理ではないかと思う。

自動車の運行に起因する事故

地に落ちた検察でも述べたが、運転免許が無くても運転ができていれば危険運転致死傷罪には該当しない。

要は自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律は、まさに運転していることが前提となるからわかりにくくなる。今回の事件も「運転していた」ではない、また速度もゼロ㎞。当然運転している状況ではない。

そもそも、この危険運転致死傷罪では無理があり、類推解釈となる。ではどうすればよいか?

自動車保険用語の、「自動車の運行に起因する」を使えば、拡張解釈ではあるが、本事案も対応が可能だと思った。

要は、ドアを開けて車に乗り込み、家について車庫に入れ鍵を閉めるまでの運行に起因する事故であれば、例えば雪の降る高速道路上で、タイヤチェーンを付けている時は速度がゼロである。運転中にはあたらないが、運行に起因する場面である。

自動車の運行に起因する法律とすれば多少は問題が解決できるかもしれない。

 

 

 

 

この記事を見た人は 地に落ちた検察 も読んでいます。